ほぼ全ページのレスポンシブ化が完了

2011年度版を除く全ページのレスポンシブ化が完了しました。

主な変更点は

  1. デバイスのサイズに合わせてテーブル表示をスクロール化
  2. 全打席成績、全投球成績、試合結果サマリーの表示順序を日付昇順から日付降順に変更
  3. 個人成績のページ細分化(スマホ対応のため)
  4. メニュー表示のレスポンシブ化
  5. jsonデータの活用
  6. アクセスランキングの追加

5のJSONデータですが、

例えばマートンの全打席成績は、

http://baseballdata.jp/playerB/500612S.txt

巨人の全試合結果サマリーは、

http://baseballdata.jp/1/json.txt

のように格納されています。仕様を告知する気はあまりありませんが、構造をご理解いただける方はAPIとして活用できるかなと思います。どこかのブログで当サイトの全打席データを地道にコピペした、なんて記事を見かけましたので、こうしたデータをご活用いただくとコピペの手間が多少は省けるのではないでしょうか。

6のアクセスランキングは何となくつけてみました。最下部表示なのでアクセストレードにはなりづらいかもしれませんが、リンクを貼られているサイト様は後日トップページのURLに変換して表示させていただきます。

 

よろしくどうぞ。

6 comments on “ほぼ全ページのレスポンシブ化が完了

  1. いつも利用させていただいております。
    2012,2013年度のコース別打率が2014年度のものになっていますね。

    • baseballdata Post author

      返信おくれてすみません。修正しましたのでご確認ください。

  2. 度々すいません。
    2013年度のヤクルトの投手成績が閲覧できなくなっていますね。

    • baseballdata Post author

      返信おくれてすみません。修正しましたのでご確認ください。

  3. 更新お疲れ様です。
    対戦チーム別(野手)等のメニューが選択できなくなっているようです。
    Chrome41,IE11で確認しました。
    報告までに。

Submit comment

Allowed HTML tags: <a href="http://google.com">google</a> <strong>bold</strong> <em>emphasized</em> <code>code</code> <blockquote>
quote
</blockquote>